2018年01月03日

最低でも手術から治療終了までの間

最低でも手術から治療終了までの間。治療ではインプラント埋入手術が一番の山ですが、部分麻酔が使われ、入院する必要はまずありません。出血が止まりにくい病気や、循環器系の持病がある場合は、入院設備のあるところで、一晩様子を見ながら手術を行うこともあります。また、インプラントを埋入するあごの骨の厚みがないとすれば、まず骨を形成する手術が必要です。腸骨など自家骨の移植手術であれば入院して手術するケースも実際にあります。このような難しい治療を行う場合、治療が他よりも長い期間にわたることを知っておくべきです。


インプラントは歯根部がチタン製であることが多く、骨になじんで比較的安定しやすいため、アレルギーも起こりにくいとされています。インプラント治療開始前にはCTや、レントゲン、口腔内検査といった頭部全体の検査を一通り行い、治療方針を決めてから初めて治療開始となるので納得した上で治療を始められます。

それから、治療後には、メンテナンスを継続することによって安全で、快適な使用が続くことを期待できます。


重度の虫歯になってしまい、抜くしかなくなってしまいました。

ブリッジという選択肢もありましたが、インプラントにすると、このようになりますよと説明され最終的にインプラントを選びました。結構な費用がかかるデメリットはありますが、自分の歯のような安定した使用感があるといわれました。

インプラントで噛むようになり、しばらくして自分の歯と同じように噛めたのでこれで良かったと実感しています。

インプラント治療の成果を左右する生活習慣はいくつかありますが、その中でも喫煙の影響は見過ごしてはならないレベルです。

インプラント治療は数ヶ月かけるつもりで始めなければなりませんが、埋入手術後、周辺組織が回復して、人工歯根とあごの骨がしっかりつながることが治療の成否を分けます。組織の形成や血液循環に対し、ニコチンや一酸化炭素などは確実にマイナスの作用があります。

快適に使えるインプラントを手に入れたいなら、最低でも手術から治療終了までの間、禁煙を決意してください。

インプラントに関する情報は多く出回っていますが、利用を検討するにあたり、口の中が腫れて痛むことを心配する人も多いようです。腫れについては、インプラント治療を担当する歯科医師の技術のほか、免疫力の低下など、体調の影響も如実に受けるので、どうなると言い切ることはできず、人と状況によりけりなのです。

痛み止めの薬などを服用して、冷やすなどの処置が考えられますが、それを経ても数日にわたって痛みが続いているなどの場合は、我慢せずすぐに歯医者さんに行きましょう。



Posted by りつまる at 19:29│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。