2018年01月29日

FX業者が違えば証拠金維持率も異なるので気をつけてください

FX業者が違えば証拠金維持率も異なるので気をつけてください。多くの手法が存在するFX投資ですがサヤ取りという手法が存在しています。サヤ取りとは相関性の高い二つの銘柄の通貨の値段に差が開いた際、割高な方を売却し、割安な方を購入して儲けを出すという方法です。サヤ取りを選ぶ方にはスワップ金利を使う人もいますが要領が分からないうちはどちらも儲けを期待するのは難しいと思われます。

手始めに仕組みと注文のしかたを知っておいてください。



FX取引を行うにあたって絶対にお付き合いが必要なFX業者ですが、ほぼすべての業者は実際の取引と同じ画面で疑似体験できるデモトレードを設置していますので、これは必ず使ってみるようにしましょう。あくまでデモンストレーションですからどんなに下手な手を打とうと損が出ることはなく、デモトレードを行うことで実際の取引に使うツールのフィーリングも知ることができます。手持ちの大事なお金をやみくもに投入してFX投資を始めてしまうのは少々無鉄砲な行為ですので、FX取引がどういうものかを感覚的に理解できるようになるまでせっかくのデモトレードですからじゅうぶんに活用しましょう。




口座を作るだけならFXの知識を持っていなくてもできます。申し込み画面の支持の通り操作するという簡単な手続きなので、パソコンや投資に詳しくなくても大丈夫です。しかし、手軽さ故に、危険も高いです。誰でもFX口座を開けてしまうので、全く知識なしに取引に踏み込んでしまう人もいるのです。


容易にFXの口座は開設することができますが、トレードで儲けることができるかどうかは別のことになるので、前もって学習しておいた方がベターです。

あわせて、FX会社により多少口座開設においての条件が違います。

その条件を満たすことができなければ口座を開設することは無理なのでご留意ください。


強制ロスカットというものがFXにはあります。

決済できずに含み損を抱えているポジションがあった場合、それが許容されている基準を超えてしまうと、FX会社側のシステムによって自動的に強制決済が行われる仕組みのことです。一方的に決済されてしまうのは怖いと思ってしまいますが、強制ロスカットが行われる前にはマージンコールというものが発せられて教えてくれるので強制ロスカットを避けたいと思った場合は追加証拠金を入金することで強制的な決済を回避することも可能です。そして、その強制ロスカットが行われるかどうかの基準になるのが証拠金維持率なのですが、FX業者が違えば証拠金維持率も異なるので気をつけてください。



FXの口座開設に、何か不利になる点は考えられるのでしょうか?口座を開いたからといって初期費用がかかる訳ではありませんし、維持費も必要ないので、デメリットはないと言えます。

ですから、FXに興味を持っている人は取引を開始するかどうかは別にして、口座だけ試しに作るのも悪くないかと思います。



Posted by りつまる at 19:51│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。